Uppsala diary

スウェーデンのウプサラ大学に留学中。初海外、福祉大国で感じたこと・考えたことを書いていきます。#gender #sociology #public policy #social welfare #education

12月3日

*ウプサラを案内しました

ストックホルムにいる先輩が訪ねてきてくださって

初めてまともにウプサラを案内しました。

ウプサラ城とウプサラ大聖堂、お昼を食べてそのあとは街を散策してfika。

これまで案内してもらう側しかなってなかったけど

自分が思い入れのある街を、素敵だと言ってもらえるのって

こんなに嬉しいんだなあと思いました。

今日のおかげで新しい、かわいいお店も見つけた。

誰か、マグカップがかわいく見えなくなる魔法を早くかけてくれないと

帰国前に買い漁ってしまいそうです。笑

お店に展示してあるものはコーナーごとに統一感あるから余計にかわいく見える。

衝動買いしないよう気をつけます。

 

意外と人を案内するとなると改めて街を見ることができておすすめです。

スウェーデンに来られる際はぜひご一報ください。

 

*むずかしい

他人に対して何かするときに

自分が正しいと思うことだけを押し付けちゃいけないけど

人それぞれの考え方があって

相手が個人ならその人に沿えばいいのかもしれないけど

不特定多数の場合って頭爆発しそうです。

何がいい政策になりうるのだろう?

(なんかずっと言ってるな)

 

こんな社会がいいなぁ、こうやって循環したらいいなぁと思い描く度に

こんな単純じゃない、それだったらとっくに解決してるって

書いたものをびりびりに破りたくなる。

 

あれ、数年前と変わってないじゃんか。

もっと具体的に対象分けたりしていかないといけないです。

行動して得られるのが結果。

 

*「ひと」として大切なこと

渡辺和子さんのこの本を留学中に何度か読んでいるのですが

かなり自分の生き方に影響受けそうです。

また今日も一部読みました。