Uppsala diary

スウェーデンのウプサラ大学に留学中。初海外、福祉大国で感じたこと・考えたことを書いていきます。#gender #sociology #public policy #social welfare #education

今日話したこと

今日お会いした人とした話を書き留めておきます

 

* なんかいそがしそうな日本 と 残業しないでなスウェーデン

同年代のtwitterを見たり近況聞いていると、

「なんかみんないそがしそうだな〜」

と思ってしまうわたし(呑気)

日本にいたときに比べたら格段にゆっくり過ごしているからそう感じるのかも。

一方スウェーデンでは、残業していると「就業時間もう終わってるのわかってる?(早く帰りなさい)」となるそうです。残業代が余分にかかっちゃうからね。

本気で何かプロジェクトとかやるのなら

わたしは就業時間気にせずずっとやってしまいそうだけど

時間区切ることって予想以上に大事なのかもしれない。

 

それに、自分に余裕があって初めて人を気遣えたり、何かに気付けたりするんじゃないかと思っているので

日本に帰っても今あいている心の余裕は埋めずに

大切にあけておきたいなあと思いました。

(働き始めたらこんな呑気なことは言ってられないのかな)

 

 

* べき論大好き日本 と なんでもありじゃんスウェーデン

日本では

結婚した夫婦の間に子どもが生まれるべきで

ある程度大人になってから出産するべきで

男女平等になるべきで

いろいろ聞くけど、いや、べきでまとめられるものじゃなくない!?

となったりします。

スウェーデンが生きやすいと聞く理由のひとつにはきっと

ここには"こうなるべき"というステレオタイプがなくて

ただ個人の生き方を尊重するものだけがあるからだと感じました。

個人の生き方を尊重するあまり、子育てが放棄されたりすることもあるんだけど。

慣習に従うだけじゃなくて、自分で生き方を考えて生きたいなあと思いました。

 

*日本は日本らしく

スウェーデンになろうたってそうはいかないしならなくていいんだけど

少なくとも日本が大事にしたい価値観はしっかり確立させたいなあ。

今はどこに向かってるのかあんまりわからない。

スウェーデンだったら「平等」「持続可能」あとは「個人の尊重」あたりが透けて見える。