Uppsala diary

スウェーデンのウプサラ大学に留学中。初海外、福祉大国で感じたこと・考えたことを書いていきます。#gender #sociology #public policy #social welfare #education

スウェーデンの就学前学校について

春学期ついに初更新です。

5月の1ヶ月間、ウプサラの就学前学校でボランティアをさせてもらっていました。

f:id:yufrulin:20170527055059j:plain

基本的に就学前学校はスウェーデン語が使われますが

ここではイギリス出身の先生がいらっしゃって、英語も話す子向けのクラスも一つあり、わたしは主にそこで活動させてもらいました。

この活動についてもまた書きたいと思っていますが、今日その先生にインタビューさせてもらったので、それについてまず書き留めておこうと思います。

 

【目的】

①日本が直面している課題(保育士の長時間労働・低賃金→保育士不足)についてスウェーデンの現状と対応策を聞く

②人が親になるサポートとしてどのようなことをしているのか、事例を集める

 

【結論ざっくり言うと】

スウェーデンも同じようにかなりの就学前学校教諭の不足という問題を抱えています。

理由は給料が他の職業に比べて低いこと、精神的にハードな仕事であることが挙げられます。

そのために賃上げ交渉を行ったりはしているそうですが、なかなか変わる動きは見られません。

親に対しては

スウェーデンのカリキュラムを紹介する

②半期に1回の面談

③毎月の通信, HPの更新

などが主に行っていることです。 

 

【話した内容】

*労働時間について

スウェーデンでは保育士に限らずパーセンテージで選ぶことができます。

今回聞いた方は現在85%で勤務。

100%が週40時間なので、85%だと34時間働くことになります。

この就学前学校の先生の中でもフルタイムで働いているのは2人だけみたいです。

 

*賃金について

月給は税金をとられる前で29500kr、日本円で35万くらいです。

他の仕事に比べたら低いです。

たとえばエンジニアは40000kr、日本円で50万超えです

大学時代に勉強しなければならない期間は同じ4年間なのに

ここに差が生まれてきてしまう

 

*残業について

イベントの準備なども基本的には労働時間内に行うように計画を立てます。

だいたい月に5~10時間くらいあるけど、それもお給料がもらえます。

 

*大変なこと

先生が病気で休んでしまうことを一番に挙げていました。

そのために2,3人は急遽行けるように備えているみたいです。

一時的に補助として先生が来てくれることは必要な一方で、

ここで何をどうするか、あまり知らなかったり

子どももシャイだからなかなかいつも通りに行かず、難しいみたいです。

 

*先生不足について

就学前学校の先生を目指して大学でそのためのコースをとる人の中でも

いざ実習に出たタイミングで座学と現場のギャップに衝撃を受け

進路変更してしまうことも少なくないそうです。

たとえばここの就学前学校も全員正式な就学前学校の先生ではなくて、基礎学校の先生だったりチャイルドマインダーの資格を持っている人が先生として働いているそう。

たしかに足りていないからそうするしかないけれど

・大学のコースで学ぶはずの理論や方法論を知らない/十分ではない

・先生の募集枠はたくさんあいている状態であるため、何か気に入らないことがあるとすぐに職場を変えることができてしまうが、それは子どもにとって良くない

というのが問題点としてあります。

 

*現状を変えるためにしていること

衝突を避け、話し合いからの合意形成を好むスウェーデン

労働組合の力が強いのですが

例にもれず就学前学校の先生も組合から給料をあげるよう政府に要請しているらしいです。

(ちなみに組合に加盟すると最低限の賃金は保証してくれたりするらしい)

ただなかなか聞き入れられないみたいです。

大きな責任を背負って働いているけれど、政府はあまり子育てを重要視していないと話していて、

『本で読んだときは "子どもは社会で育てるもの" という意識が政府にもある印象を受けたのに…』

と驚きを隠せませんでした。

 

*他の国の状況について

保育士として働くという点で一番いい国はデンマークだと彼女は言っていました。

お給料も月に50000krで、クラスの規模ももっと小さく、休みも多い。

知らなかった。

一方イギリスはまた全然違って、

・私立が多い

・3歳からしか預けられない(それまでは母が家に留まるか、親戚を頼ったりする)

・childcare serviceはスウェーデンだと月に1140kr(15000円くらい)ですが、イギリスではこれが週ごとにかかる感じ

らしいです。

 

*親への教育について

先ほど保育士志望の人も実習に来て進路変更をしてしまうという話がありましたが、「思ってたのと違う!」ってなるのって親も一緒だろうなと思うんです。

そういう不安、衝撃を受けながら

人はどうやって "親" になっていくのだろうかと気になっていました。

ここでやっていることとしては

スウェーデンのカリキュラムを紹介する

関心の強い保護者の方には実際にカリキュラムを見せているそうです。

ネット上で見ることもできるからそれを紹介したり。

②半期に1回の面談

ただ保護者の中でも「忙しいから」と応じてくれなかったり、子どもに興味を示さない場合もあるそうです。

③毎月の通信, HPの更新

就学前学校での様子・学んだことなどを伝えるものを作っているそうです。

後は送り迎えのときに、様子について話すと同時に

相談に乗ったりすることもあるそうです。

 

スウェーデンは女性の社会進出自体は進んでいますが、それは子育ての時間を確保するのではなく、できるだけ社会のリソースに預けて働くというスタイルです。

その分親を巻き込んでいく努力は必要不可欠なものになっているし、難しいことでもあります。

人が親になる過程を紐解きたい。

 

そしてやはり疑問なのは、

子どもを育てるということは、未来をつくる一端を担っているのに

なぜこんなに認められないんだろうということ。

市場から考えるとこんな非合理的で扱いにくいものはないかもしれない。

ですが、やはり子どもを育てるという行為の中に

何か人間として大事なものが隠れている気がしてなりません。

(全員が子どもを持つべきだ、という話がしたい訳では決してありません。

いろんな形で子どもと関わることはきっとプラスになるはずという気がするのと

不安だけ見えてその道を避けてしまう社会はいやだなあと思っているという感じです)

12月7日

今日はストックホルム日本人会の方から紹介していただき、“JAPANESE CULTURAL SOIREE“というイベントにボランティアとして参加させてもらいました。

年次総会の後に、3年に一度(!)メンバー向けに開催されているもので、 イベントの主旨はメンバーに日本の文化を体験、またこちらにいる日本人の方との交流の機会を設けることみたいです。

会場はなんと国会…!

厳重なセキュリティを抜け、迷宮のような廊下を案内してもらいました。

ボランティアのMissionとしては

・会の前半にあるワークショップのひとつ、日本の伝統的な遊びを紹介するコーナーの担当

・お料理やお酒の給仕

・その他準備、片付けのお手伝い

でした。

 

*議員さんの気さくさ

公共政策分野に興味があるわたしにとって議員さんと話せるのは願ってもないチャンス。

隙間時間で話しかけてみた方々は「今度国会案内するからおいで」と連絡先をくださいました。

生き生きしてて、柔らかい。

わたしたち若者もちゃんと相手にしてくれて、さらには期待してくれたことがすごく嬉しかった。

年明けに行こう!

ちなみに話した議員さんのひとりには、日本の

・若者の投票率の低さ

・女性活躍の進まなさ

みたいなところを指摘されました。

 

*平等の意識の浸透具合

ボランティアも参加者の方と一緒にお料理をいただいたのですが、その時同じテーブルだった方もいろいろ話してくださいました。

その方は今電気関係のお仕事をされていて(『スウェーデンの電気はわたしにかかってるの。笑』みたいなことおっしゃってて、責任ある仕事はかっこいいし、それをこんなにキュートに言ってるお茶目なところがすごい素敵だなと思いました。笑)

国会の近くのアパートに住んでらっしゃって、週末だけスウェーデン南部のお家に帰られるそうです。

旦那さん(相手のhusbandって平等っぽい言い方ないんですかね)は大抵の家事ができるから問題ないみたいです。笑

ここでも、家のことは固定の役割ではなくて、相談して決めるものだと言われました。

例えばどっちも掃除が苦手なら、週ごとに交代するとかするみたいです。

・親がそうやっている姿を見ていること

・18歳になったら否応なく家から出て自立を促されること(富裕層はまた別みたいですが)

によってこの平等意識は保たれているみたいです。

ホームステイで聞いた話が他の人からも打ち合わせしたみたいに出てきて、浸透具合にびっくりしました。

そしてそして、大きいお家持ってるから来たかったらおいでと言っていただき、ホームステイ第2弾の可能性も浮上しました…!わああ…!

 

*絶望から生まれる

わたしはお料理の準備のサポートに入らせてもらったのですが、

そこで出会ったシェフの方がすごくいろんなお話をしてくださいました。

中でも一番印象に残っていることを書いておきます。

わたしは最近、自分の先輩方に素直に憧れる一方で、劣等感を抱き、自分が同じ分野に進む必要性を疑うことがありました。

だから「そうやって自分の先人に劣等感を抱き、絶望することはないのですか?」と聞いてみました。

するとその方は芸術の世界の話で答えてくださいました。

写真という技術が生まれ、現実をそのまま描写することを存在意義としていた絵画や画家は、そのままではいらない存在となってしまった。

ピカソもその中で絶望したうちの1人で

「何をしよう」「何か新しいことをしたい、しなければ」

そうやってもがき続けて今でも残る作品を作り上げた。

わたしが今悩むのも、自分が何かしら唯一な存在になりたくて

既存の仕組みを壊して新しいものを作ってみたくて

そういう気持ちがあるから、劣等感も抱くし、絶望もする。

劣等感も絶望も抱くこと自体はマイナスではないのに、それによって落ち込んだりしてしまうことがもったいない。(渦中ではなかなか気づけないけど)

リサーチをして冷静に考えたり

人に話を聞いてみたり

今すべきことを淡々をやっていくことが大事なんだと思いました。

あともしかしたらわたしは絶望したフリをして、やるべきことから逃げていただけかも。

 

*わたしのエネルギー源

正直わたしはこの日の前の2日間ほど

誰かに会うのも面倒で、規則正しく食事をするのも面倒で

面倒というか「しよう」と思えなくて

これまでモチベーションは行動することによってのみ生まれると信じて

だからやる気が出ないとかで何かをしなかったことは一度もなかったのに

なんか元気が出なかった。

そんな気分の波に左右されて不安定になっている自分を自覚するのも嫌だった。

わたしを好きと言ってくれる人がいても、こんなわたしを好きにならないでほしいと思った。

 

そんな中で外に出て人に会ったら、自然と元気が出るし、笑顔になる。

集中して淡々と料理の盛り付けの仕事をしているのがすごく楽しかった。

寮にいてどうやってこの気分の沈みから抜け出そうか考えて

考え方を変えるだの自分にこう言い聞かせるだのあれこれ言ってたけど

割とこの"外に出る""人に会う"みたいな単純なところが

わたしにとって大切なのかもしれないと思いました。

あとはやるべきことが自分で見えていること。

 

太陽が出ないことや寮でひとり暮らしなこともあり

今後もずっと安定を保つという目標は非現実的な気がしたので

気持ちが沈んでしまったときにどうするかを決めて書いておくことにしました。

まずは自分で自分を守っていきます。

 

***

 

すごく話が逸れてしまいましたが、

おいしい料理に日本酒、素敵なお着物

なんの社交辞令でもなく心から大好きが漏れてくるものがたくさんあって、

また、自分にとって大きい意味を持ちそうな出会いもあったイベントでした。

一緒に参加してくれた友達もすごくいい時間が過ごせたみたいでよかった〜!

これからも楽しんでいこう。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました(*^^*)

 

12月4日

*Japanese fika

今日は友達が運営していたJapanese Fikaのお手伝いをしに行ってきました!

fika #とは

お昼過ぎにカフェでコーヒーや紅茶とケーキを食べる文化です。

わたしなりの解釈を加えると、

人と会って話しをして、太陽が出なくて嫌でも下がってしまう気分をあげていくのも目的にある気がします。笑 

 友達がめちゃめちゃ広報戦略がんばっていて、200人くらい来てくださったみたいです。

文化祭みたいにバタバタしつつも、やるしかないからできることをそれぞれする感じ好きです。

わたしはこういうお手伝いが初めてで、反省点も多いのでリベンジしたいなあ。

こういうイベントの運営に限らず、意外と挑戦する機会はあるし

自分でいくらでも生み出せることを痛感する一方で

時間は有限だから、ちゃんと自分の目的を忘れずに取捨選択をすることが大事。

むやみやたらに手を出すことと挑戦は同義ではないなと思います。

(せっかく留学来てるんだし)ってなりがちだけどそこだけは履き違えないようにしよう。もしくは時間の配分を決めたりしてメリハリをつける。

 

*nation

今回のイベントはnationという組織の中で行われたものだったのですが、このシステムについて説明しておこうと思います。

これはスウェーデンだとウプサラ大学やルンド大学にある文化だそうです

(ストックホルム大学にはないみたいです。同じような役割を担う似た組織はあるけど)

まだウプサラと地方を結ぶ交通機関が発達していなかったころ、

入学した人は故郷に頻繁に戻ることはできず、4年間ウプサラで過ごす人が大半だったそうです。

そんな中で同郷の人たちが集まって思い出話をしたり夜までわいわいする場所として発達したのがこのnationという組織・文化らしいです。

その名残でnationの名前にはそれぞれスウェーデンに実在する県(?)の名前がついています。

今はこのnationが週末のカフェ・クラブや平日のランチを提供してくれます(働いている人はもちろん学生です)

nationによって結構特色があるのでもしウプサラ大学に留学する人がいたら、先輩に聞いてみることをおすすめします!

 

*3ヶ月ぶりの再会

そのお手伝いを途中で抜けさせてもらって、ウプサラに来てすぐのころのイベントで出会った友達とひさしぶりにfikaしてきました。

彼女のお母さんが4回結婚した話とか来年イギリスに引っ越す話とか

彼女自身の結婚への意識とかを聞きました。

2人だと会話のキャッチボールがしやすくて好きです。(これは日本にいたときから)

前に会ったときは表面的な情報のやりとりが多かったけど、今回はお互いの考えを伝え合う部分が多かった気がして、少し嬉しかったです。

わたしにアドベントカレンダーを買ってくれようとしてスーパーを2件回ったけど、みんな考えることは一緒なのか売り切れで、残念でした。

でも買ってあげたい!って言ってもらえたことだけでも充分胸がいっぱいです。

些細なことがとっても嬉しかったり心強かったり生きる楽しみになる。

この感情を参考に、日本に帰って海外の人に出会ったら、前とは違ってこう接しよう

と考えれたのもこの留学の収穫のひとつです。

 

自分は相手を理解することはできなくて、想像しかできないという前提に立つことと、その上で相手のためにできることを考えて行動することが思いやるということなのかなぁ。

 

あと彼女に「日本恋しい?」って聞かれたときに

「わたしは1年しかここにいれなくて(しかももうあと6ヶ月しかない)、今後日本に戻って働き始めたらこんな長い期間住めることなんてないから、日本を恋しく思う時間があるなら今を楽しむ!」

って答えてて、わたしこう思うようになってたんだぁって思った。